忍者ブログ

気まぐれ不定期更新。 ネットゲームのプレイ日記やらなにやら。 最近はドラゴンネストが中心。E2は付いていけなかった。
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

11.19.22:58

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/19/22:58

01.13.13:43

2003年キャンペーン突破!

--行動報告書 No.20 2003/新宿 IMIタワー --

 爆炎がIMIタワーの屋上に立ち昇った。
 脱出用のヘリが、原型を留めない程に壊れている。
 これで、あの女が逃げる手段は失われた。
 俺は遮蔽物の陰でガッツポーズを取る。
 後はあの女をぶっ飛ばし、このクソッタレな塔から脱出するだけだ。
 ま、それも難しい事じゃない。

 なぜなら、今の俺は一人じゃない。
 頼りになる仲間が一緒なのだから。

 時間は、ほんのわずか前に遡る。

 IMIタワー屋上、ヘリポート。
 俺はそこへと通じる扉を開けた瞬間、言葉を失った。
 そこは、この世の地獄かと言いたくなるような光景が広がっている。
 広くもないヘリポートの一面を、敵が埋め尽くしていた。

 工事現場で見た、労働者や現場監督官。
 皮のジャケットを羽織ったウェスタン・ギャングの一味。
 チャイナドレスを身に纏った、見目麗しい女ども。
 ヘリポートを埋め尽くすそいつらに囲まれて、奴は居た。

 黒いチャイナドレスを着こなした、美しい女。
 だが、その美しい外見に騙されてはいけない事を、俺は知っている。
 なぜなら、奴こそがこのタワーの中で進んでいた『計画』、
 その全ての裏で糸を引き、操っていた黒幕なのだから。
 
 無言のまま、俺をここまで導いてくれた先達達が駆け出した。

 赤いコートが風にたなびき、敵の群れのど真ん中へと突き進む。
 手にした長柄の偃月刀が、日の光に煌いた。
 鮮やかな一閃。その一太刀で、敵の群れの一角が崩れ落ちる。
 流れるような動作で偃月刀を振り回し、敵の群れを切り裂いていく。
 
 そこに、もう一人が飛び込んでいく。
 白いコートの裾を翻し、振り上げたハンマーが唸りを上げる。
 空間そのものを殴り潰すような一撃。
 重たい鉄の塊が、赤い泥濘の中に敵を打ち倒していく。次々と。

 その二人を背後から襲おうとした奴らを、紅蓮の炎が薙ぎ払う。
 視線を横に投げれば、マフィアコートに身を包んだ男が、
 火炎放射器のノズルを振り回していた。
 敵の群れを留まることなく薙ぎ払い続けるその姿は、
 まるで御伽噺に出てくる火龍のようだ。

 降り注ぐ弾丸も、金切り声を上げるチェーンソーも。
 振りかざされる剣も、爆炎を撒き散らす榴弾も。
 何者も彼らを遮ることは出来ない。

 で、俺はといえば。残念な事に彼らの後を追うのが精一杯だった。
 必死になって引き金を引くが、狙いなんてつける暇がない。
 RPKsの銃弾をとにかくばら撒き続ける。上手く当たればめっけもんだ。

 俺の役割は生存すること。事の顛末を報告することが仕事だ。
 余計な動きをして、三人の足を引っ張りたくはない。
 まあ、情けない話だとは思う。
 本当なら、俺が一番頑張るべきなんだろう。
 ……けど、レベルが違うんだ。仕方ねぇだろ!

 
 そして、今。
 『管理者』だと言われるあの女の脱出手段がぶっ壊れた。
 後は最初に言ったとおり、あの女を倒して脱出するだけ。
 それも、あの三人にかかれば、さほど時間は必要としないだろう。
 ほら、もう視界の向こうで女の悪態が聞こえてきた。
 この分なら、割とすぐに片が付きそうだ。
 俺はそう確信して、先達へ感謝しながらゆっくりと目を閉じた。
 全てが終われば、起こしてくれるだろう。

 ……実はヘリが壊れる前に地面に寝ていたのは、内緒だ。

 なにはともあれ、任務完了、だ。
 やれやれ。こんな任務は二度とゴメンだぜ……。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら