忍者ブログ

気まぐれ不定期更新。 ネットゲームのプレイ日記やらなにやら。 最近はドラゴンネストが中心。E2は付いていけなかった。
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.20.21:34

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/20/21:34

10.31.00:53

南瓜狩り

--行動報告書 No.3 2003/新宿 病院内にて--

 ハロウィン。10月31日の夜に、子供らが魔女やお化けに仮装をして
 家々を回ってお菓子をせびる祭り。
 「Trick or treat!」が合言葉。
 の、はずなんだが……。
 どうなってんだ、今年のハロウィンは。
 あれが、今年のジャック・オ・ランターンだってのか?

 

 ふざけんな、とんでもねぇバケモノじゃねぇか!

------

 事の起こりは、EL.PDの二階堂がやっちまった事だった。
 奴さん、任務のお礼で「カボチャ」を貰ったらしい。
 それが「逃げた」。ウィルスに感染して、変異したらしい。
 動く死体に地底人、変異体ときて、今度はカボチャ。
 ウィルスに感染したっていや、何でもOKだと思っちゃいねぇか?

 まあ、いい。
 俺はその逃げ出したカボチャの収穫に参加する事になった。
 コイツが生み出す「子カボチャ」が、いい金づるになるって話を
 同業者が話してるのを、ちらっと聞いたからだ。
 金稼ぎの為に、下水に篭るのにうんざりしていた俺は、
 すぐにこの話に飛びついた。

 たかがカボチャ。そう思っていたのが運の尽きだった、って訳だ。

 通りには、まだ時間も早いせいか同業者の姿はあまり見えなかった。
 「ますます美味しい思いが出来る」。
 そんな甘い事を考えながら、俺はカボチャを探して歩いた。
 で、交番前で数人の同業者とドンパチやってる、
 くだんのカボチャを見つけたんだが……。

 まず見た目で呆れた。とにかくデカイ。
 これが元はただのカボチャだって? 嘘付けってんだ。
 しかも、どんな冗談なんだか、
 そいつの顔には憎たらしい笑顔が彫られている。
 マジでジャック・オ・ランターンのつもりらしい。

 まあ、あのカボチャが何であれ、俺の金になるなら関係ない。
 俺は手にした相棒を構えた。
 事前に、連中の皮は呆れる程硬いって情報も仕入れていた。
 だから選んだ相棒はHK69-A1。
 本当なら、徹甲弾を撃てる得物でもありゃいいんだが。
 残念ながら、俺は持っていない。
 まあ、対戦車弾でも似たようなもんだ。そう気楽に考えて、
 まずは手始めに子カボチャ目掛けて、ぶっ放す。

 爆炎が上がった。
 所詮カボチャ。一発ぶち込めばバラける。
 そう思っていたんだが、甘かった。
 あいつら、爆炎を物ともせずに歩いていやがる。
 信じられねぇ。40mm対戦車弾だぞ?
 普通なら……って、これは変異体の時も言ってたか。
 考え方を変えねぇとダメだな。

 最初の一撃を易々と凌がれて、俺は正直ちょっと焦った。
 慌てて次弾を撃とうとした時だ。
 俺の肩に鈍い痛みが走ったのは。

 のろのろとした動きで肩を見てみれば、
 そこには馬鹿でかい種が突き刺さっていやがる。
 視線を上げれば、親カボチャの憎たらしい薄笑いが目に入る。
 くそ、飛び道具まで持ってるなんて、聞いてねぇ。
 俺はゆっくりと薄れていく意識の中で、そう悪態をついた。

------

 で、今こうして病院のベッドでこれを書いている。
 ついさっき聞いた話だが、カボチャ狩りの報酬は腕によって変わるらしく、
 俺はその基準に届いていないと、区役所から来た担当者に言われた。
 支払われたのは、弾代すら出ねぇはした金。
 完璧な赤字だ。

 美味い話にゃ裏がある。
 こいつは至言だ。まったくもってその通り。
 俺は今、その言葉の意味を噛み締めている。

 くそったれめ。

------
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら