忍者ブログ

気まぐれ不定期更新。 ネットゲームのプレイ日記やらなにやら。 最近はドラゴンネストが中心。E2は付いていけなかった。
07 2018/08 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 09

08.17.16:34

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/17/16:34

08.13.23:54

銃声の合唱 第二楽章 『剣電弾雨』

--行動報告書 No.43 2004/箱根・カフェ村--

 村の入り口が妙に静か過ぎた時から、イヤな予感はしてたんだ。

 だが、こんな風に的中するたぁ思わなかったぜ!?

 

 なんだってんだ。今日はマフィアの会合でもあったのか?!

 思わず出かける罵声を飲み込んで、ひたすらSAWの引き金を引く。
 マフィアのボスどもも、負けじと手にしたマシンガンをぶっ放す。

 まるでホースで水を撒くように、ばら撒かれる鉛弾。
 流れ弾が、その場にある物に次々と黒い点を穿っていく。
 目に映る物で、無傷な物なんてとうにない。
 
 雷鳴のような銃声。
 弾丸が跳ねて奏でる甲高い音。
 空薬莢が路面で跳ねて立てる、澄んだ金属音。
 俺と奴らの体を、弾丸が抉る鈍い音。
 それに混じって響き渡る、ボスどもの狂った笑いと、
 俺たちの弾丸に巻き込まれた、哀れな取り巻きどもの上げる悲鳴。

 いつもより賑やかで、そして危険な銃声の合唱。

 それを聞いているうちに、いつしか俺も嗤いだしていた。
 込み上げてくる暴力的な衝動が、収まりきらずに嗤いへと変わる。
 自分の体を見てみれば、野戦服のあちこちに穴が開き、
 そこから真っ赤な血が溢れていた。
 だが、痛みはない。自分が傷を負うことすら、楽しい。
 頭にあるのは「もっと撃たせろ」と言う焼け付くような欲求。

 その欲求を満たすべく、ひたすら引き金を引き続ける。
 連中も似たようなもんだ。
 血まみれの顔に狂った笑みを浮かべて、引き金を引いている。
 
 面白ぇ。試してみようぜ。
 俺か、それとも手前らか。
 どっちが先に血の海に転がるか。
 いや、この合唱についてこれなくなるかをよ!

 
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら