忍者ブログ

気まぐれ不定期更新。 ネットゲームのプレイ日記やらなにやら。 最近はドラゴンネストが中心。E2は付いていけなかった。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

09.21.19:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/21/19:21

10.08.00:13

爆炎の向こうに

--行動報告書 No.52 2002(Another)/商圏争奪戦 戦場--

 弾丸が飛び交う。白刃が交差する。
 銃声は引っ切り無しに響き渡り、
 地鳴りにも似た足音は、いつ止むともしれない。

 いつもの光景。いつもの時間。

 戦争の時間だ。  

 今日はいつものMINIMIとは別の得物を用意してみた。
 正規販売に乗る前、新しい武器の噂が聞こえだした頃から、
 俺がずっと欲しいと思っていた物だ。

 40mmの榴弾を1分間に109発も撃ち放ち、
 いざとなれば、5連装の同時発射も可能な重火器。
 その連射速度は、これまでのグレネードなんて目じゃねぇ。
 鉄の雨を降らせ、目に入る全てを爆炎で呑み込むモノ。
 戦場に容易く火の海を現出させうるモノ。
 名前はK4。
 そいつが今、俺の手の中にある。

 ……まあ、正直な所。
 コイツの評判は決してよろしくない。
 その理由は狩りで使ってみてよーく分かった。

 確かに、こいつの連射能力は大したもんだ。
 5連同時発射も悪くない。
 だが。
 
 『火力が低すぎる』

 この一点が痛すぎる。致命的だ。終わっている。
 何せ、俺らが相手にするのは、対戦車弾も涼しい顔で受け止める。
 そんなイカれた化け物ぞろいときてる。
 そんな化け物どもに向って、ただの榴弾を何発ばら撒いた所で、
 そりゃあ焼け石に水ってもんだ。
 こいつを狩りでまともに使おうと思ったら、相当いじる必要がある。

 けれど、商圏争奪戦ではその話がちょっと変わってくる。
 相手は同じ人間だ。
 化け物の相手をまともに出来るような火力は、必要ない。
 ……もちろん、あればあったでいいんだけどな?

 俺が目に付けたのは、榴弾の攻撃範囲とこいつの連射力。ここだ。

 一発の銃弾はそれが当たらなければ被害はない。
 だが、榴弾が撒き散らす爆炎はたとえ直撃しなくても、
 その範囲内に収めるだけで相手に傷を負わせることが出来る。

 そう考えて、以前俺はグレネードを持って連合戦に挑んだことがある。
 だが、提出した報告書を見てもらえば分かるが、結果は散々だった。
 次までの発射間隔が長すぎて、容易く逃げられちまう。

 なら、その発射間隔が短くなったら、どうだ?

 絶え間なく榴弾を撒き散らして、広範囲に爆炎をあげ続ければ?

 その答えは今日、出るだろう。




 K4を先んじて入手した黒猫と、二人してほくそ笑む。
 主戦場に設定した近距離商圏、そのモニュメント付近は、
 間断なく巻き起こる爆炎で覆い尽くされていた。
 その火の海を生み出したのは、俺と黒猫の持つK4だ。

 火の海から抜け出した他所の連合員を、紫電の仲間が食っていく。
 倒れていく連中の中には、少なからず火傷を負っている者がいた。

 読み通りだ。

 実際、与えるダメージはたかが知れてる。
 だがそれでも、与えていることに変わりはなく、敵はそれを嫌がっている。
 争奪戦の最中は体力の回復が極めて難しい。
 オマケに手傷を負うことで、戦闘不能になる可能性は跳ね上がる。

 ライフルやショットガン、各種白兵武器は一撃が重い。
 体力が万全ならまだしも、手傷を負ってその一撃を凌げるかと言えば、
 かなり難しいと言っていい。
 
 加えて、あちこちで巻き起こる爆炎は、相手の視界を遮る。
 正確に狙う必要のあるスナイパーや、
 接近しなければならない近接武器の使い手達には、
 最高の嫌がらせになるだろう。

 俺の仕事は敵を打ち倒す事じゃない。
 そんな腕、手前にない事は百も承知だ。
 なら、何をするか。何が、できるか。

 その答えの一つが、これだ。

 商圏争奪戦はチームプレイだ。
 なら、一人か二人くらいは、徹底的に援護や妨害に回る。
 そんな奴がいてもいいだろ?

 5連装の榴弾を撃ち放ち、再装填の間に単発でばら撒き続ける。
 燃え上がる周囲を見ているうちに、自然と笑いがこみ上げてくる。
 そして、俺はその衝動に身を委ねる事にした。
 


 
 楽しい時間はあっという間に過ぎ去って。
 戦闘終了の告知があたりに響き渡る。
 
 K4の使い心地を理解しただけで収穫としては十分に過ぎるが。
 今日は嬉しいオマケも付いてきた。
 
 戦闘結果を示すリストの一番上に、『紫電』の名前がある。
 どうやら、俺たちは今回トップの戦果を叩き出したらしい。
 俺は困ったように笑うと、まだ熱さを保ったK4を見下ろした。

 ……おいおい。冗談にしちゃあ、ちょっと出来すぎじゃねぇの?
PR

よぉ、相棒!

よぉ、相棒!
思った以上にご機嫌な得物だったな!
一人の時は弾幕も疎らにならざるをえなかったが、予想以上に二人で張る弾幕はイカシテたぜ!

俺もこれから対人戦にはこいつを担いでいくことにしたぜ。
また頼むぜ、相棒!

  • 2007年10月08日月
  • のんべえ黒猫
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら