忍者ブログ

気まぐれ不定期更新。 ネットゲームのプレイ日記やらなにやら。 最近はドラゴンネストが中心。E2は付いていけなかった。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.17.03:27

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/17/03:27

02.05.23:44

無題

--行動報告書 No.60 1582/勝竜寺付近--

 俺たちは戦い続ける。
 現在で、未来で、そして過去で。
 過去は石と同じだ。そこにあり、決して揺るがず、動かない。
 変わることは無い確定した事実。

 ……なんて、どこのどいつが決めたってんだ?

 今日もその「確定した事実」をひっくり返そうと、戦友たちは征く。
 時間も、空間も飛び越えて。

 俺もそんな中の一人だ。
 まあ俺の場合は、その事実の確定にちょっとした手助けをするためだけどな。

 木立に紛れて、作戦開始の時を待つ。
 こんな時は正規軍の制服はありがてぇ。
 何せ迷彩の野戦服。カモフラージュは抜群ときてる。
 おかげで、目の前の「敵」も俺に気が付いている気配はない。
 「敵」。それは古めかしい鎧兜に身を包んだ侍どもだ。
 この強襲任務の目標は、主君 織田 長を裏切ったそのやり方で、
 歴史に「謀反人」として名を刻んだ男。明智 光秀。
 その首一つだ。

 本来の歴史なら、コイツは山崎の戦いで秀吉にこっぴどく負けて、
 敗走途中に落ち武者狩りにヤられちまうってオチなんだが。
 そいつをちょいと早めちまおうってワケだ。
 もしかしたら、その落ち武者狩りってのは俺たちを指してるのかもな?

 さて、作戦開始だ。
 まずは陽動。城の周りにある軍需物資を積んだ荷車を叩き壊せってな。
 オーライ。そんじゃ派手に暴れてやるとするかよ!




 銃声がいくつか木霊して、作戦はあっけなく終了した。
 まあ、当たり前だ。相手は俺らから見れば骨董品装備の侍。
 こっちは何百年と先の兵器を持った兵隊の上に、
 報酬がいいもんだから人数もきっちり揃う。
 慎重に戦えば、失敗する可能性は低い。

 幸い、俺も無事最後まで生き残った。
 報酬はいいんだが、途中脱落者には支払われねぇのが強襲任務の辛いトコだ。
 ま、今回は無事手に入ったからいいんだけどな。

 ……しかし、ふと考える。
 俺らはこうして過去の事実すら変えていくことが出来る。
 だが、現実はどうだ?
 相変わらず2002年の世界にゾンビはうろつき、
 2005年にゃ新宿は崩壊している。
 新しい年代に進めば進むほど、その混沌は広がっている。

 いくら過去を変えても、未来は変わらねぇってことなのか?
 
 一瞬よぎったその考えを、頭を振って追い出す。
 ……まったく、ガラじゃねぇ。
 
 変わらねぇワケがねぇんだ。
 俺たちの戦いは、決して無駄にゃならねぇ。
 未来は、きっと変わる。
 いや、変えてみせるぜ。俺たちの手で、な!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら