忍者ブログ

気まぐれ不定期更新。 ネットゲームのプレイ日記やらなにやら。 最近はドラゴンネストが中心。E2は付いていけなかった。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

09.21.19:22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/21/19:22

02.20.00:16

変わり果てたその姿。

--行動報告書 No.28 2004/空港前路上--

 目の前で寧猛な唸り声を上げる一匹の獣。
 白いその体躯の中で唯一つ、目だけが黒い。
 まるで、闇を凝り固めたようだ。
 そして、そこに理性の光はない。あるのは、破壊への渇望だけ。

 獣の名は、二階堂吾郎と言った。

 ……これが。
 これが、俺たちEL.Aの指揮を執っている人物の、
 成れの果てだってのか?
 
 

 何の冗談かは分からねぇ。
 だが、現実に変わり果てた吾郎が俺の目の前にいる。
 佐々木隊長と同じだ。どこから流れてきたか知らない妙なカプセル。
 それに、こいつは封じ込められていた。
 この冗談を考えた奴は、最高のクソッタレだ。

 けれど、俺の頭の中の事なんて、目の前の獣には関係ないらしい。
 そいつは俺達に挑みかかるように、雄叫びを上げた。
 そして、その雄叫びを合図に周囲を固めていた仲間が戦端を開く。

 二振りの斧が閃き、ライフルの銃声が木霊する。
 その間隙を縫うように、獣の体に対戦車ロケット弾が突き刺さる。
 だが、獣は倒れない。
 切り裂かれ、穿たれ、吹き飛ばされても。
 躊躇はしない。怯みもしない。
 鋭い爪でアスファルトを削り、喰らい付けば骨まで抉る牙を剥く。
 咆哮と共に放たれる火炎が、路上で大破した車をさらに焼き焦がす。

 火炎を避けて、獣に肉薄する。獣と俺の視線が一瞬だけ絡んだ。
 獣が吼える。吼えて、その巨体を躍らせた。
 爪が、日の光を跳ね返して不吉に光り、俺目掛けて雪崩落ちる。

 ……だが、遅い。
 モーションで狙いがバレバレだ。避けることなど、造作もない。
 俺は片手で帽子を押さえ、地面を蹴った。
 獣の頭上を飛び越えながら、Magunam Blasterの銃口を向ける。
 狙いは、がら空きの後頭部。

 タチの悪い冗談は、とっとと終わらせるに限る。
 俺は口元を吊り上げて、引き金を引く。
 16番ゲージのショットシェルから吐き出された弾丸が、
 一塊になって無防備な獣の後頭部を抉り取った。
 獣が吼える。
 振り向いたその漆黒の目には、確かに怒りが浮かんでいた。
 だが、その動きはいまだに軽快で、まだまだくたばりそうにない。
 俺はウンザリしながら引き金を引き続けた。

 コイツは結構時間がかかりそうだぜ……やれやれだ。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら