忍者ブログ

気まぐれ不定期更新。 ネットゲームのプレイ日記やらなにやら。 最近はドラゴンネストが中心。E2は付いていけなかった。
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.20.21:34

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/20/21:34

12.11.00:34

ささやかな抵抗。

--行動報告書 No.13 ??? --

 

 銃弾が体を穿つ。
 爆風が全身を焦がす。
 白刃で切り伏せられる。

 いつ撃たれたのか、いつ斬られたのか。
 その程度のことすら把握できない。
 気付けばアスファルトにのびている。

 だがその度に、兵隊たちは立ち上がり、武器を取り、突撃する。

 今日は週末恒例、商圏争奪決勝戦の日。
 決勝に残った連合が、利益を求めてしのぎを削る。

------

 我らが『Dazzling Raiders』も決勝に駒を進めた連合だ。
 当然、狙うのは一つ。
 『商圏の獲得』。コレだけだ。
 で。俺も兵隊の一人として参加しているってわけだ。

 しっかしこの争奪戦ってやつぁ、場数を踏むたびに厳しくなっていく。
 まあ、経験を積めば誰だって成長するから、それは当然。
 問題は、俺がそれに当てはまってるかって事だ。

 ……んな事はいいか。
 俺は頭を一つ振って道を全力で走り抜ける。
 
 目標は数ある連合の中でも強者が集うと雷名を馳せる、
 『蒼輝星』が占拠した建物。
 今回の狙いはこの『蒼輝星』が独占している商圏を、
 ゴッソリ頂いちまおうと言う大胆なもんだ。
 
 けど、狙いは悪くない。と俺なんかは思う。
 交戦可能区域に投入できる最大戦力数は、どこの連合も変わらない。
 人数に比べて広い範囲に手を出せば、当然どっかが薄くなる。
 だから、上手い事狙いを散らせれば、
 守りの薄くなった所を奪う事だって出来る、ハズだ。

 そんな事を考えてるうちに、最初の目標である建物に到着する。
 本命じゃあないが、ここを襲えば連中の目は少なからずこっちに向く。
 連合長の号令の元、全員が一斉に建物に襲い掛かる。
 砕け散るショーウィンドウ、穴だらけになっていく玄関。
 いける。連中はまだ気付いていない。
 陽動目的の襲撃だが、奪ってしまえばこっちが有利だ。

 そう考えた、瞬間だった。

 横合いからの突然の衝撃。
 それを感じた時には、俺はもう道に転がされていた。
 そして、無理やり首を動かしてそれを見た。
 『蒼輝星』。その精鋭がこっちに向かって殺到してくる姿を。
 
 チッ、流石だぜ。こんな早く対応できるたぁな。

 俺の意識はそれを最後にプッツリと途切れた。

------

 交戦終了を告げる通信が入る。
 俺はゆっくりとM240の銃口を下ろすと、深く息を吐いた。

 『蒼輝星』は思っていた以上に手ごわかった。
 自分達の支配圏の状況を的確に把握し、襲撃者を排除する。
 その手際は、やられるこっちから見ても大したモンだった。
 俺らも作戦通りに動こうとしたんだが、それを悉く阻まれた。
 そんな感じだ。

 で、最終的に所有できた建物は二つ。
 商圏獲得はできなかった。
 結果だけ見れば、失敗したと言える。
 だが、俺個人としてはコレは負けじゃない。

 相手は最大手の連合。兵隊の数も腕も、こっちより上だ。
 そんな連中を向こうに回して尚、俺たちは建物を分捕った。
 僅かとは言え、強豪の独占を崩したんだ。
 これは、誇ってもいいはずだ。
 少なくとも、俺はそう思う。

 ……まあ、俺が途中で作戦を無視して、
 ガラ空きだった建物を襲ったのは内緒だ。
 いや、だってよ。真正面からぶつかっても歯が立たねぇし……な?
 それに、もう少し気付かれなきゃ、もしかしたら分捕れたかも……。
 いや、それはねぇか。

 でも、実際どうなんだろうな?
 少人数でアチコチを一斉に襲う。
 でなきゃ、本体とは別に撹乱要員を用意する。
 で、敵の注意をアチコチに逸らす……悪くないと思うんだが。

 少しでも連合の役に立つべく、色々と考えなきゃいけねぇな。
 今回はささやかな抵抗だったが、次はもっと上手くやれるはずだ……。
PR

お疲れ様です。

お互いよく寝ましたね。
地べたに。
成長にはいいそうですよ。睡眠って。

墨田公園アサルト
二人クリア楽しみにしてます。
またゲームの中で話しに華をさかせましょう!
地べたを見つめながら…。

  • 2006年12月11日月
  • リトライ
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら